1. トップページ
  2. くすみ・肌色が暗い

くすみ・肌色が暗い

目の周りだけ肌色が悪い、くすんだ濁った色になっていないでしょうか?気になって肌色を明るくするために、洗顔や美容液を重点的にケアしていますか?

だとしたらそのケアは今すぐやめたほうがいいです。目の周りは他の部位と違って重点的なケアが逆効果になりやすいからです。

くすみを追い出すのを助けるセラミドコスメ

くすみの原因は3つある

1.乾燥による角質肥厚

目の周りは乾燥しやすい部位のため、肌が乾燥を改善するために古い角質を溜め込みやすくなります。すると必要以上に角質が重なり、濁りのあるような青黒い色に見えてきます。

2.糖化現象

たんぱく質と糖質が結びつくことを糖化といいます。その際に生み出される糖化生産物質は黄色みを帯びた茶色であるため、糖化現象がひどくなると肌が茶色い、黒いような色になってきます。

3.血行不良

目の周りの皮膚は薄いため静脈の色が映りやすくなります。血行が悪くなると血の巡りが悪くなり、暗いうっ血した様子が肌に映ってきます。

1.乾燥(角質肥厚)によるくすみ対策

乾燥を改善すれば角質肥厚は起こらなくなります。ピーリングをすると即効性がありますが、目の周りの皮膚は他より薄いため家庭用ピーリングでもリスクがかなりあります。ヘタすると目の周りが真っ赤かになって外出できなくなります。

とにかく目の周りなので刺激性のない安全案保湿剤を使って、自然に古い角質が剥がれるのを待ったほうが懸命です。どのみち保湿がちゃんとできていないと、ピーリングしてもまた角質肥厚を繰り返します。保湿さえできていればとてもやわらかい自然な風合いの肌になります。

2.糖化現象によるくすみ対策

糖化現象は肌に活性酸素が生まれることで起きます。活性酸素は肌にとって刺激が起きたなど、平常時とは違う状態になったときに発生します。その刺激が大きければ大きいほど活性酸素の量が増え、毒性も増えます。

その活性酸素は肌の再生を阻害するだけでなく、肌を茶色く黒っぽくする糖化現象を引き起こしています。

  • 紫外線
  • 接触刺激
  • 化粧品成分負け
  • チリ・ホコリ・花粉などの微粒物質

などといった刺激を避け、炎症がなるべく起きないようにするしかありません。既に起きている炎症を鎮めるのも有効です。

3.血行不良

血行不良はマッサージでやってはいけません。マッサージは血行を良くしますが、それ以上に角質を痛めしてしまうため、1.と2.の原因を作ってしまいます。

目の周りの血行改善はお風呂のときに手の指を優しく当ててジットしていれば効果的です。動かさず温もった手の温度を移すようにしてください。これを毎日しているだけでもかなり違います。

くすみのない肌を作りたいならセラミド

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る